業務でのコスト削減!事業者におすすめしたいビジネスフォンのリース

buy.com

業務に使用する携帯

ビジネスにおいて、スマホや携帯などの端末を利用する機会も多く、自社での通信費に頭を抱える企業も存在しているはずです。そのような企業におすすめしたい電話機が「ビジネスフォン」です。当サイトではビジネスフォンの概要やメリットについてご紹介しています。

ビジネスフォンに必要な書類

  • リース会社の契約書・確認書
  • 会社概要
  • 代表者の身分証明書
  • 口座情報が確認できる書類
  • 会社印もしくは銀行印

「借りる」という言葉

スマホ・携帯を他社で契約するときに、「レンタル」や「リース」といった言葉を良く聞くと思います。英語で言えば、どちらも「借りる」という意味では同様ですが、会社によっては契約内容が異なる場合もあります。

レンタルとリースの違い

レンタル契約

レンタル契約とは、レンタル会社が既に所持している機種などの商品を顧客が必要としている期間に、賃貸する取引のことをいいます。契約期間は1日~半年、一年間で結ばれることが多いです。

リース契約

リース契約とは、企業が選択した機械設備をリース会社が購入し、その企業に長期にわたって賃貸する取引のことをいいます。契約期間は通常のリース会社で3年~10年と定めているケースが多いです。

ビジネスフォンをリースしよう!会社に置いておくと便利な電話機

スマホケース

ビジネスフォンとは?

ビジネスフォンは名前の通り、ビジネスシーンにおいて利用されることも多く、あらゆる場面で活躍する多機能に備えているオフィス用の電話機になります。家庭用の電話機と違い、複数の外線と内線を共有できるというのが、ビジネスフォンの特徴になります。

ビジネスフォンのメリット

ビジネスフォンを利用するメリットとしては、社外問わず、内線番号で受発信できるということでしょう。このことにより、通話料金が無料になりコスト削減を目指すことが可能です。また、ビジネスフォンには、ビジネスシーンに応じた保留転送機能や留守番電話機能などがあり、業務効率化に貢献します。

ビジネスフォンの選び方

ビジネスフォンを導入する場合、メーカーや機能などから自社の目的に合わせて、商品を選ぶといいでしょう。また、新品商品か中古商品かでも機能や料金が異なるので、導入する前にはチェックしておくべきです。導入する数が多い場合には、中古商品を選ぶというのも一つの選択肢でしょう。

購入ではなくリースもあり

また、ビジネスフォンを購入するのではなく、リース契約を結ぶというのもいいでしょう。最近では、ビジネスフォンのリースを提供している企業も増えつつあります。リースなら受話器の故障にもすぐに対応してくれますし、事業の拡大、縮小によって台数を増減することが可能です。自社でのコスト削減のためにも会社携帯は買取にでも出し、ビジネスフォンのリースを利用するといいでしょう。

iPhoneケースに使われている人気の素材

no.1

TPU

最近、iPhoneケースで最も注目されている素材が、TPUになります。TPUは熱可塑性ポリウレタンとう素材のことで、シリコンのような弾力と衝撃を受けたときに硬くなる硬化を持ち合わせているハイブリッドな素材になります。

no.2

シリコン

iPhoneケースにおいて、若者たちに絶大な人気を誇っている素材がシリコンになります。シリコンは緩衝材に使用される素材で柔らかく、耐衝撃性に優れています。着工や加工がし易いということもあり、キャラクターものや立体的な作りのケースが多いです。

no.3

レザー

様々な動物の革を加工したりして、iPhoneケースに独特な風合いがでる素材がレザーです。革の種類やケースの大きさによって値段は異なりますが、手帳型ケースが多いということが特徴的です。財布や名刺入れなどが革製品な場合には、非常におすすめです。

no.4

ポリカーボネート

一番良く見る透明なケースに使用されている素材がポリカーボネートになります。ポリカーボネートはプラスチックの一種で、固くツルっとした感触で光沢感に優れています。衝撃体積はそこまで高くないですが、スクラッチへの耐性は高いです。

no.5

アルミニウム

宇宙開発や航空機などでも利用されているアルミニウムは、iPhoneケースの素材でも人気です。アルミニウムケースの特徴としては、バンパータイプの商品が多く、基本的に軽量だということでしょう。品質自体はピンキリですが、高いもので10万円を超えることもあります。

[PR]人気のiPhoneケースを公開♪
機能性を生かしたデザインが魅力的

[PR]携帯買取は専門業者へ
宅配サービスを提供中

[PR]使わないスマホは買取しよう!
ネットで手軽に査定可能♪

[PR]ビジネスフォンのリース価格をカンタン比較
オフィスの初期費用を抑えよう